Home > フランスラグビー協会現場責任者らの富士北麓公園の視察について

フランスラグビー協会現場責任者らの富士北麓公園の視察について

県と富士吉田市では、2020年東京オリンピックにおけるフランスラグビーチームの事前合宿の実施に向けた取り組みを進めています。

フランスラグビー協会と県・富士吉田市は、すでに2016年12月に事前キャンプに関する基本合意を締結しておりましたが、この度、7人制ラグビーのゼネラルマネージャーと、同女子チームのマネージャーが来県し、練習場として使用する富士北麓公園の施設や昭和大学のプールを、また宿泊施設として考えている2施設を視察しました。

fujiyoshida2

GMであるクリストフ・レイ氏からは「富士北麓公園の練習施設は、事前に映像で見ていたが、実際に見て素晴らしいと感じた。私たちがイメージしていた通りで、とても満足している」、「富士山を目の前にした景色を実際に見て感動した。事前合宿が楽しみだ」との高い評価をいただきました。

fujiyoshida1